So-net無料ブログ作成

筑附高生活 Asia-Pacific Young Leaders Summit 2010-② by air系 [筑附高生活]

 昨日は2ヶ月ぶりぐらいに目の前の原稿の〆切なーしっdecoemo1.gif先の方のやつはあるけど、見えなーいdeco~otomedojo~163[1].gif

 でもあと5日あるので、疲れとるために一日だらだら、半分寝て過ごした。16fd548d15dde86cd0f3488d5d240fca001.gif16fd548d15dde86cd0f3488d5d240fca001.gif16fd548d15dde86cd0f3488d5d240fca001.gif

 夕方ちょっと外に出て西の空を見てみたけど、相変わらずの雲で湿気た空で、せっかく並んでる金星・火星・土星・乙女座スピカが見えやしませんぜ。

 さーて、air系君がヤング・サミット・イン・シンガポールの記事第2弾を送ってきてくれたのでアップいましょう。

 いよいよ会議に突入した模様。しかし苦戦してる模様。ガンバレ! 

 

 こんにちは、air系です。テニス部の山中湖合宿から戻ってきました。雨が多くて、2日目と5日目はテニスができず・・・と不運でしたが、最後の合宿、楽しかった。

 さて、サミットの続編を書きましょうか。

 午前はGICという、投資機関へ。政府からの援助を受けて、シンガポールの企業へ長期投資を行っている。

 大きな会議場のようなところで説明をうけて、すごい高待遇なんだと思った。

 が、さすが各国のエリート、プレゼンの時間より質疑応答の時間が多い。プレゼンはなんとか何について話しているかわかるが、質問はさすがに聞き取れない。結局日本人は誰も質問できなかった。

DSCN0072.JPG

 その後A-STARという、理系の最先端研究所の見学。でかい。そしてなんと、特別に最深部にある無菌室にも入ることができました!

 集積回路などの、最先端テクノロジーの研究をしてるそうです。なかにはお菓子の箱サイズで数千万という器具も・・・

DSCN0092.JPG

 夕食後、小学生の音楽発表会へ。

 小学生とは思えないクオリティーの発表ばかり。普通にギターを弾いてたりとか。

 しかし、隣に座った参加者がとてもうるさく、悲惨なことに。演奏中も話しかけたり、どついたりしてきて、イライラ。

 その人のお国柄かな、と思ったが、あまりにもひどく、周りの外人たちも、あとでair系かわいそうだったネと話しかけてくる始末(以後からみがひどくなって、女子にもフツーにボディタッチをしてきて、みんなに嫌われちゃいましたw。)この日はフィリピンの女の子とか、シンガポールの女の子とも話した。着々と友だちを増やしてます。

 day3 なかなかまだ慣れない。朝起きて、「何時から食事だっけ」とか英語ではじめる生活はなかなか大変だ。だが、少しは日常生活の英語は聞き取れるようになったかなあ・・・

 まずは防衛省的なところへ。

 博物館みたいなところで、シンガポールがいかにして現在の形になったかについて見た。とにかく宣伝がはげしい。シンガポールのいいところを誇張しすぎているというか・・・そういう風潮がこの国には少しあるかな。

 あと、いろんな国の人と話して、知能レベルが1upした気がしたw

DSCN0114.JPG 

 その後、軍事ミュージアムへ。

 シンガポールの軍隊の歴史について説明されてたが、日本の侵略については一箇所だけ、しかも2行程度しか書いていなかった。シンガは今日本とかかわりが深いから、悪い印象を国民に植え付けない努力をしていると感じられた。

 それよりも、マレーシアの独立についてが中心。今もなお、シンガポールは徴兵制度があることには驚いた。

 ミュージアムを出てから、防衛省内部をバスで一周。撮影禁止らしいが、ゆるいので、フツーに撮れましたw

DSCN0146.JPG

DSCN0148.JPG

 つぎに、かの有名なラッフルズホテルの横のビルにあるEDBというこれまた投資機関っぽいところへ。

 話はGICと似たような感じで、「私たちは、一時的な利益よりも、シンガポールの将来を考えて投資してるのですヨ」って宣伝してた。

 これまた待遇がよく、食事、ドリンクがでて、ちょっとしたパーティに。

 この国はサッカーのボードゲームが人気で、あちこちにある。それぞれの列の人の駒が棒につけられて横に突き出てて、それをスライドしたり、まわしたりしてゴールにボールをもってくやつ(説明が難しい)。

 これの社内大会が、食事してる横で開かれていた。そんなにもしろいのかなあ?

DSCN0069.JPG

 午後は芸術の授業。

 僕が選んだのはマレーダンスという、ゆっくりしたダンス。楽で、boringだった。やっぱり、外国のエリートたちは運動神経が悪い。勉強でいそがしいのかなあ・・・

DSCN0163.JPG

 夕食後、ついに第一回student dialog開始。

 この日のテーマは「Shaping the'Global Citizen'」について、4つのテーマについて語るもの。まずは、4つのテーマについて、それぞれ4カ国のプレゼンがあり、その後、4つのグループに分かれて各テーマの部屋へ。僕のグループに日本人は下関西高の女の子と僕と二人だけ。

 最初に入った部屋のテーマは、「communications」。メールやネットで世界の人とコミュニケーションが簡単にできるようになったが、これで本当のGlobal Citizenは形成されるのかというもの。言い忘れてたけど、このサミットのテーマはGlobal Citizenです。

 各部屋でディベートの方式が違い、この部屋は賛成派と反対派にわかれて、全員が意見を言うというもの。僕は日本の立場としては日本のカルチャーがテレビやネットで世界に広まって、受け入れられ、理解されてきたということなら言いやすいと思って賛成派へ。

 しかし、前半の人が長く話しすぎたために、制限時間の20分がすぎて、意見をいえなかった(泣)。

 反対派は、直接のかかわりなしで本当の理解が可能なのかという疑問を的確に表現しようと努力していたが、難しそうだった。

 次の部屋は「trasnational corporations」。

 多国籍企業は各国のアイデンティティを犯さずにグローバル・アイデンティティを生み、Global Citizenを形成するのかというもの。

 これは普通のディベート方式で、サウジの人がマシンガントークを炸裂してまったくついていけず理解不能に。

 次は「Language」。Esperanto(いわゆる世界共通語。しかし、普及しなかった)の話題とか、英語を世界共通語にしたらどうかなど。

 それぞれの言語は大切にすべきだが、英語は世界各国学ぶべきで、一つ共通の言語を作らないと、コミュニケーションができないという結論に至った。

 英語が母国語の国には有利だが、ビジネスの世界で英語が不可欠な今、仕方のないことだと思った。

 最後は「education」。Global Citizenを形成するためには、どのような教育を行うべきかというもの。

 一回くらいなにか言わなきゃと思って、話についてけなくなる前に、最初に手をあげて、日本は中学生からちゃんとした英語教育が始まることについて話した。

 最初は通じなかったみたいで、一同「?」ってなってたが、頑張って説明したら、何とか伝わったみたい。

 そして、だからこいつ英語下手なのか、しょうがないねっていう暖かい空気が流れて、会議がほんわかしたので助かった。

 あと二回student dialogがあるのか・・・こわいぜ。。。長い長い一日でした。

 

 「今もなお、シンガポールは徴兵制度があることには驚いた。」ということに僕は驚いたよ。僕も“戦争を知らない子供達”だったわけだけど、今の子供達は“戦争を知らない子供達の子供達”なんだなぁ。

 軍隊を持つということがどういうことかが分かってないんだな。でもこうやって広い世界に、そして現実に目を向けていくことは良いことだね。

 それにしてもやっぱり日本の英語教育はなんとかしないといけないんだろうなぁ。

 次のstudent dialogが楽しみだね。minideco[1].gif


nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

筑附高生活 Asia-Pacific Young Leaders Summit 2010① by air系 [筑附高生活]

 夏期講習前期が終わり、5日あった休みの4日を仕事に費やし、あんまり集中してないけど、母さん、僕の夏休みはどこにいったんでしょうねTT

 さてと、先月筑附高のair系君がシンガポールで開かれたAsia-Pacific Young Leaders Summit 2010、ようは青少年サミットに筑波大附属高校の代表として参加してきた。そのようすを書いてくれるというのでアップしましょう。

 

 

 こんにちは、air系です。

 シンガポールでのAsia-Pacific Young Leaders Summit 2010のレポートを何回かに分けて書くつもりです。

 とりあえずこのサミットの説明をすると、Hwa Chong というシンガポールでもっとも優秀な高校が主催する、世界12カ国の名門校の代表を集めて会議させたり、企業訪問をしたり、遊んだりするものです。

 日本からは毎年、麻布、筑附、下関西から各三人が派遣されます(つまり、うちにくればこういった多くの国際交流に関われるのです!これ以外にも北京いったり、短期留学いったりと、望めば一回は何かしら行けるチャンスがあるでしょう)。

 ちなみに筑附の他二名は帰国・・・

DSCN0024.JPG

 それでは、day0、出発の日です。

 シンガポールへは飛行機で約6時間(空から見えたシンガの赤い土が印象的でした)。

 気温は東京と同じか、むしろ涼しいくらい。ただ、建物の中は異常に冷房がききすぎて長袖がほしいところ。

 ファシリテーター(世話役)と、麻布生と合流し、

DSCN0030.JPG

 いざ学校へ(泊まるのはホワチョン内のBoarding Schoolです)。寮は広すぎる。筑附全体と同じくらいの広さに、宿舎がA~F棟と、ダイニングホールと、ランドリー、コンビニ、中庭、ジムなど、設備がとてもよいです。

DSCN0538のコピー.jpg

 荷物を置いて、学校内のSALT Centerという多目的室が大量にある建物でMass Interactionというactivity、仲良くなろうゲーム的なものをやりました。が、実際は縄跳びくぐったりと、なめた遊びでboringなものでした。

 イギリスの女の子に話しかけられててんぱったのがもっとも記憶に残っているかな。

 その後サミットの説明があり、一日の終了。

 同室の人は、マレーシア人のアンドリュー。気さくで、聞き取りやすい英語を話すので助かった。

 day1まずはclock tower で写真撮影。

DSCN0033のコピー.jpg

 その後校舎内のホールで教育省と住宅関係の省の上級政務官の人が来て、なんかの話をした(なかなか聞き取りづらかったが、どうやらno borderとかglobal citizenとかのワードが連発されていたので、グローバリズムについて語った模様)。

 その後clock tower内で立食。政務官と記念撮影。

DSCN0044.JPG

 飯は、カレーはうまい(米はインディカ米)がおかずとジュースはまずい。

 そしてschool tour。広い。筑波の50倍は敷地ありそうな感じ。校舎もはんぱない。

DSCN0050.JPG

DSCN0049.JPG

DSCN0032.JPG

 昼食後、city tour。リトルインディア(インド人街)、チャイナタウン、ラッフルズホテルなど。多文化社会だなーって思いました。

 ちなみにリトルインディアで買い物してるうちにバスに乗り遅れそうになりました。動き始めたバスに立ちはだかってとめたけどw

 夕方はプレゼンの準備。サミットで行われる会議は二種類あり、一つはお偉いさんがきて話をしてそれに対する質疑応答を行うsummit dialog、もう一つは12の議題を3日にわけて行うstudent dialog。

 12カ国きてるので、各国に一つの議題に対するプレゼンが割り振られているのです。詳しくはstudent dialogの日に書きます。

 この日はマレーシアとかシンガポールとか中国とかアジア系の人となかよくなった。欧米は固まってて、しかもアジアを見下している感じでなかなか話しかけづらい(汗

 さすがに“サミット”って冠するだけあって規模が大きいね。student dialogの日の記事が楽しみだなぁ。

 筑附高に今年いった人も、これから入ろうと目指してる人も、チャレンジしてみたらどうでしょ?

 選抜はなかなか大変だったようだけど、当然英語で会話だし、でもようは話す内容だよね。

 「英語のスキルはアップしても話す内容を持ってない」とはよく英語の指導者から聞かれる言葉で、中学3年間、ただ勉強するんじゃなくて、“受験”勉強するんじゃなくて、自分を高める、中身を濃くする勉強をしてもらいたいもんだね。

 他の高校にもチャンスはいろいろあるし、高校以外にも今はいろんなチャンスがある。

 いろいろチャレンジしてみるべし!decoemo1.gif←いろいろづくし。^^b


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。